男の人

プロペシアで頭皮ケア|副作用を把握しておこう!

飲んで薄毛改善

錠剤

知っておくべきこと

プロペシアを服用する場合、プロペシアの効果や副作用についてしっかり理解しておくことが大切です。男性型脱毛症の治療にとても大きな効果があるプロペシアですが、効果が強い反動から、副作用が起こるリスクが高くなります。よく報告されているプロペシアの副作用には、下痢や腹痛、頭痛や吐き気、眠気といったものがあります。また、男性にとって特に大きな副作用が、性機能の低下です。プロペシアは男性ホルモンに働きかける性質がため、男性ホルモンに関係する生殖機能に何らかの影響を与えます。しかし、副作用の程度には個人差があり、全くならない人もいます。いずれにしてもプロペシアは医薬品なので、医師の指示のもとで正しく服用することが大切です。

薄毛が治る薬

男性型脱毛症の治療に欠かせないのがプロペシアです。ほとんどのAGAクリニックで、男性型脱毛症と診断されれば出される内服薬です。一日一錠飲むだけで薄毛が改善するという、薄毛に悩む男性にとって夢のような薬です。プロペシアには男性ホルモンの働きを抑えて男性型脱毛症の原因物質を少なくする効果があります。プロペシアを服用した人の8割以上の人が薄毛を改善しているという実験データもあります。ただし、服用してすぐにふさふさになるわけではなく、効果が出るまでには時間がかかります。特に大きな副作用がない限り、どんなに短くても最低3ヵ月は服用して様子を見る必要があります。1年以上飲んでやっと抜け毛が減ったのを実感する人もいます。