男の人

プロペシアで頭皮ケア|副作用を把握しておこう!

安全に飲むために

医薬品

男性がなりやすい薄毛、男性型脱毛症を予防・改善する治療薬が「プロペシア」です。プロペシアはアメリカで生まれた世界初の飲むタイプの薄毛治療薬です。一日一回一錠の服用で、男性型脱毛症の原因である脱毛因子DHTの発生を抑制し、薄毛がそれ以上進行するのを予防することができます。プロペシアは医薬品なので、日本国内で手に入れる場合は医師の処方箋が必要になります。主に発毛治療をしている頭皮外来か皮膚科などのクリニックで手に入れることができます。個人輸入をすれば処方箋なしで海外からプロペシアを取り寄せることができます。ただし、個人で手に入れて服用する場合は、副作用などのリスクを十分に理解しておくことが大事です。

プロペシアは男性型脱毛症治療の定番の治療薬で、ほとんどのクリニックで処方しています。男性型脱毛症と診断されて検査の結果問題なければ、プロペシアによる投薬治療を受けることができます。どんな医薬品にも共通して言えることですが、効果がある分副作用があります。プロペシアも同じで、副作用が出る場合もあります。気になるプロペシアの副作用ですが、軽い頭痛やめまい、吐き気などの症状や、性力の減退、男性機能の低下などがよく報告されています。これらの症状が気になって、プロペシアを飲みたくても飲めない男性が多いようです。副作用が出たら服用を中止し、しばらく様子を見ることをお勧めします。ほとんどの場合服用を止めることで改善されます。